転職活動応援ブログ

転職にまつわる求人情報から豆知識などを紹介します!!

面接で好印象を与える方法(会話編)

面接中の会話で好感度を上げるコツ

面接官の好感度を上げる会話

面接では、あなたの志望動機や自己PRを必ず質問されるでしょう。その時に履歴書や職務経歴書に書いた内容を丸暗記して話しても、それでは面接官に響きません!
今日は、その面接中の会話で、あなたのスキルや入社意欲などを100%伝え、面接官に好印象を残す方法をご紹介します。

会話の中で面接官にインパクトを与える3つのポイント

  1. 開き直って、ありのままの自分を出す!

    面接で企業が知りたいことは、書類で判断できないあなたの人間性や本音です。だから極度の緊張や、演技をしても、知りたいことが伝えられず逆効果になってしまいます。
    緊張は誰でも少なからずしてしまうもの!
    いい意味で開きなおり、面接の意図を理解して、素直にありのままの自分をアピールしましょう。
  2. 面接官の目をみて話をしっかり聞く!

    会話はまず“聞くこと”から始まります。
    「質問の途中で割って答えてくる」「質問した内容と見当違いな答えが返ってくる」というケースは、面接官からマイナスの印象をもたれてしまい好感度を下げる要因になります。面接官の目をしっかりみて話を最後まで聞き、簡潔にポイントを押さえた回答をしましょう。
  3. キャリアプランを前面に出す!

    自分がこれまで培ってきたスキルやキャリアから応募企業の理念に引かれる要因を具体的に伝え、入社してからあなた行っていきたい将来設計に重点を置いた話をしましょう。

求人情報