転職活動応援ブログ

転職にまつわる求人情報から豆知識などを紹介します!!

ブログ村

面接で好印象を与える方法(入室編)

転職面接で好印象を与える入室のポイントって?

面接での入出方法

誰もが面接で最初に行うことは、面接室への入室です。
実はその入室方法こそが、中途採用の面接では最も重要だと私は考えています!
今日は、その面接において最初にして最大のポイントになる入室時のコツをご紹介します。

入室時に好印象を与える3つのコツ

短い面接時間の中で、第一印象は重要なポイントになります。いくらキャリアやスキルが高くても、第一印象が悪ければ内定には繋がりにくいでしょう。
下記で紹介する3つのコツを実践し、 面接官に好印象を与えることが内定への近道になります!!

  1. ドアのノックは基本的に3回!

    入室時には、ドアを軽く3回ノックして、室内の面接官から「どうぞ、お入りください」と促されたらドアを開けます。もしも返事がなかった場合は、再度3回ノックして少し待った後、「失礼いたします」と言ってドアを開けるようにしましょう。
  2. ドアノブの位置と反対の手で開ける!

    ノックの後、ドアを開けて入室します。
    ドアの種類によって開け方は異なりますが、ドアノブの位置が左側の場合は右手で、右側の場合は左手で開けます。 認識としてはドアノブの位置と反対の手で開けることを心掛けると良いでしょう。
    ドアを開けたら室中に入り、カバン等の持ち物がある場合は持ち替えて、ドアを開けた手と反対の手でドアを閉めるようにします。また、閉める時は面接官に背を向けてしまうと失礼に当たるため、完全に背を向けないように注意しましょう。
  3. 面接官への感謝の気持ちを持って挨拶!

    まずは、面接官が自分のために時間を割いてくれることに感謝をし、入室したらドアの前で面接官を見て元気に「本日はよろしくお願いします」と深く一礼します。面接官に「どうぞ、お座りください」と促されてから「失礼いたします」と一言伝えて着席するようにしましょう。

求人情報


よかったらこのブログに投票お願いします!!
↓↓↓
ブログ村